女性の髭と妊娠の関係

女性の髭と妊娠の関係

女性の髭と妊娠の関係をご存知ですか?実は妊娠したら髭が濃くなった、髭が薄くなったと両方のケースがあるみたいなのです。

 

それは妊娠した子の性別によって変わるのかという相談も見たのですが、それは女性の髭の変化にはあまり関係がないようです。
ただ、女性の髭はホルモンが関係していることより、妊娠した女性のホルモン状態によっては髭や体毛にも影響がないとは言い切れません。

 

特に、妊娠した後に髭がどんどん濃くなったというのではちょっと女性としては悲しいですよね。でも、妊娠後に髭も含めて体毛が薄くなり、生まれてきた子がふさふさだったという話もあります。

 

女性と髭と妊娠とはとても神秘的だとは思いますが、妊娠した女性にとって髭を処理するのは、時期にもよりますが大変だと思います。
だから、あまり深く考えず、単純に女性の髭として捉えて、対処法を考えるのが一番です。
なぜなら、出産した後はどうなるかわからないからです。

 

今考えても仕方がないので、とりあえずは、外出するとき、人目が気になるぐらいに髭が濃くなったら、剃ることをおススメします。
というか、それしかないのですが、抜くのだけはやめておきましょう。

 

それでなくても胎児がいるので、顔の肌が荒れて薬が必要になっても服用できるものと出来ないものがあるからです。妊婦はつわり時期が終わると、マタニティーライフを楽しむ時期がやってくるそうです。

 

お腹の赤ちゃんと会話したり、胎動で遊んだりして、女性ホルモンは十分に出ているはずなので、そこで毛抜きで肌荒れはもったいないです。
だから、時間があるからといって、毛を抜いたりしないでくださいね。

 

今は単純に肌に一番優しい電器シェーバーで顔を剃り、抑毛効果のあるクリームやローションを朝晩のスキンケアに取り入れてはいかがでしょうか?
妊娠期間は約10ヶ月ですから、その後にどうなるかで、本当に永久脱毛が必要になるのか、もしくは薄くなってなくなるかもしれませんよ。

 

もし、胎児の性別と妊婦の髭の濃さがリンクしている場合は、男児を出産すると女性ホルモンが優位に戻りますから、髭は確実に薄くなります。抑毛効果のあるクリームやローションには女性ホルモン様成分が含まれていますので、そのまま髭のある部位に塗ることにより、髭は薄くなります。

 

また、髭が生えてくる周期も長くなったり、よわよわしい毛が生えてきたりするそうなのです。だから、あまり外出しない、メイクもしない、剃らなくても良い人は、この化粧品を朝晩に取り入れるだけで十分だと思います。

 

⇒産毛用のクリームについてもっと知りたい方はこちら