女性のあごひげ対処法は?

女性のあごひげ対処法は?

女性のあごひげ対処法は?と聞かれて「へ?」となる女性はいるでしょうか?
それともすらすらと「女性のあごひげ対処はね・・・」と答えられますか?

 

「ひげが生える」というのは、男性ホルモンが活性化して現れた症状です。
でも、それが今では普通に社会で働く女性にあごや鼻の下にひげが生えています。

 

それで、各メーカー、医療機関やエステサロンに美容院などが対処できるように、あごひげに悩む女性を取り込んでいるようです。

 

背中、へその下の毛が濃くなる場合もあります。ニキビが増えたり、声が低くなったりする人もいるのですよ。

 

ひげが生えてしまった主な原因は過度のストレスです。
不規則な生活や偏った食生活、ジャンクフード、コンビニフード、人間関係の悩みなど、心身にストレスフルな生活を続けた覚えはありませんか。

 

ストレスがずっと重なると、脳の視床下部に影響を及ぼし、自律神経やホルモンバランスの乱れを招いてしまうのです。
ある女性は、女性ホルモンのバランスが悪くなり、相対的に男性ホルモンの作用が強くなってしまい、急ににきび肌、ひげが生えたそうです。

 

特に30歳前後は、女性ホルモンの分泌量が減り始める時期(更年期前の約5年程度)ですから、こうした変化が出たのでしょう。
この後もストレスの多い生活を続けると、やがて女性ホルモンが急激に減少したり、更年期の症状が早まったりする可能性もありますから注意しましょう。

 

「女性のひげ」をスグに対処するなら、婦人科に行き、低用量ピルを飲み、男性ホルモンの作用を抑える方法があります。
しかしながら、男性ホルモンの作用を抑えても、女性ホルモンがなければ、あごやフェイスラインのひげは生え続けます

 

しかも、男性ホルモンの以上な減少は頭痛持ち、うつを引き起こすといわれていますので、どちらのホルモンの必要なのです。
つまり、ホルモンバランスが大切になります。

 

フェイスラインやあご、鼻の下にひげの生える女性が対処すべきは男性ホルモンではなく、減ってしまった女性ホルモンを補充することにあります。
やはり、上記の通り、規則な生活を改め、食生活を見直し、質、量ともに十分な睡眠をとる、ストレスをどうやって最小限にするのかを工夫することです。

 

 

その間はどうしてもあごのひげが気になるという女性は電気シェーバーで剃りながらも、その頻度を下げるようにしてください。
それが抑毛効果のあるジェル、クリーム、ローションです。顔専用のものを探して普通にお化粧品として使いましょう!

 

⇒女性の産毛用クリームがあるって知ってましたか?